bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

今からベストシーズン!トルコ旅行 まとめ

旅行

今からベストシーズン!トルコ旅行 まとめ

パムッカレ

https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g297992-i25297953-Pamukkale.html

ヒエラポリス-パムッカレはトルコ西部・デニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名。パムッカレは石灰華段丘からなる丘陵地の名前であり、2世紀頃、ヒエラポリスというローマ帝国の都市が存在した。現在は遺跡が残る。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

よく「パムッカレ ガッカリ」という検索ワードが出てくるが、湯量が少なかったり美しい写真とあまりに違う光景を目にすることがある為のよう。絶景ポイントもあるのです^^;

絶景ポイントは右側! 右側に、細い木道が続いています。木道を辿っていくと、石灰棚の規模は少し小さくなり、連なり度合いが大きくなります。どんどん進んでいくと、プールの深さもある程度深くなり、水着姿で泳ぐ人も増えてきます。多くの人が集まる左側の棚田からは想像できない美しい光景が出迎えてくれます。水着があればいいですが、なくても、しばし足をつけて、パムッカレの温泉を堪能してください。

出典 http://guide.travel.co.jp

カッパドキア

カッパドキアは、人間の手によって加えられた優美さと融合し、想像をはるかに超えた類まれな自然の驚異が、訪れる人の目の前に贅沢に、惜しみなく、繰り広げられています。
古代にカッパドキアと呼ばれた地域は、自然が生み出した最も奇抜で不思議な景観を呈しています。アクサライ、ネヴシェヒル、ニーデ、カイセリ、クルシェヒルなどの県がこの地域に含まれますが、ほとんどの人がカッパドキアと聞いて思い浮かべるのは、ウチヒサール、ギョレメ、アヴァノス、ユルギュップ、デリンクユ、カイマクル、ウフララ周辺でしょう。これらの地域は、何百万年という時の流れの中で、風変わりな地形へと変化しました。幽霊の出そうな“妖精の煙突”、地下何メートルもの深さに広がっている都市や教会などのすべてが、この世のものとは思えない現実離れした雰囲気に包まれています。

出典 http://www.tourismturkey.jp

最近は気球の名所でもありますよね。

アヤソフィア神殿(博物館)

https://worldheritagesite.xyz/contents/hagia-sophia/

出典 http://worldheritagesite.xyz

トルコのイスタンブールにあるアヤソフィアは、イスラム教とキリスト教が調和した博物館(大聖堂)だ。トルコといえばアヤソフィアとブルーモスクが二大観光名所なので、知っている人も多いかもしれない。二つの宗教が調和した平和の象徴ともいえるアヤソフィア、現代の宗教紛争に重ね合わせて考えると感慨もひとしおである。

昨今では、国対国の争いではなく宗教対宗教の紛争が絶えない。イスラエル(ユダヤ教)とパレスチナ(イスラム教)の紛争、旧ユーゴスラビア紛争、イラク内部におけるシーア派とスンニ派の紛争、イスラム国も一つの宗教紛争といっていいかも知れない。

ボーダレス社会のこの現代では、宗教や民族が国境を跨いで拡散されるので、宗教対宗教、民族対民族の争いが以前に比べて起こりやすい。ただ単にアヤソフィアを観光するのではなくて、こういった背景を考えることで、アヤソフィアを違う観点で捉えることができる。

出典 http://on-the-road.co

グランドバザール

16世紀から存在するキオスクも。

カパルチャルシュ(トルコ語: Kapalıçarşı)はトルコ・イスタンブールにあるバザールである。カパルチャルシュは「屋根付き市場」を意味する。日本では英語での名称である「グランドバザール(Grand Bazaar)」とも呼ばれる(フランス語での名称「グランバザール(Grand Bazar)」とも)。

出典 http://ja.m.wikipedia.org

ボスフォラス海峡

ヨーロッパとアジアの境界に位置するトルコのイスタンブールは、まさにここ、ボスフォラス海峡を挟んで東西と交流し発展してきた地域。ローマ帝国、ビザンツ帝国、オスマン帝国と3つの帝国の首都として繁栄した歴史が、ボスフォラス海峡沿いには今も色濃く残っている。個人的には海峡の港で船に揺られながら売っている「鯖サンド。」ここでしか味わうことの出来ない、名物料理。筆者は時々今でも無性に食べたくなる。

メヴレヴィー教団の旋回舞踊

セマーと呼ばれる宗教儀式。旋回しながら神との一体感を求めるトランス状態に入るのだとか。ユネスコの無形文化遺産にもなっている。その舞踊の様子は、神秘的で、静かに見ていなければいけないような、静謐ささえ感じさせるのである。 コンヤに寄る事があるなら、一見の価値ありだ。

いかがでしたか? トルコは世界遺産も沢山あり、西欧と東欧の交流点。そのエキゾチックは魅力は他にはないものです。親日国でもあり、日本人には比較的好意的です。食べ物も口に合うものが多い印象です。是非1度訪れて見て下さい。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ